三十路!

1_2_1

PS4ソフト『Until Dawn -惨劇の山荘-』がAmazonレビューで炎上中か!?

snapcrab_2016-12-6_1-28-39_no-00【人喰いの大鷲トリコ】ギミック解説(攻略) 洞窟? 脱出まで。#1
人喰いの大鷲トリコのギミック(洞窟? 脱出まで。)を解説しています。
PS4ソフト『Until Dawn -惨劇の山荘-』がAmazonレビューで炎上中か!?

これね。これ。

荒れすぎワロタwwwwwww

広告

以下Amazonレビューから数点引用。

Jホラー的な見えない怖さももちろん良いものですが、
見せられるものはガンガン見せて、観客にショックを与えるようなホラー作品も良さがあります。
ゴアシーン造るのに命や人生かけてるクリエイターもそれはそれで評価されてしかるべきです。
このゲームはそういった文脈でのホラーゲームです。

だのに!
一番大事な、敢えて言うならプレーヤーが一番見たいといっても過言でない、まさにそのシーンが画面ブラックアウトで音声のみです。
これが「自主規制」だとしたら、ハードメーカーであるSCEみずから、18歳以上のゲームファン全てを「こんな映像見せたら何するかわからないアブナイ連中」と認識していると表明しているようなものです。もう少し日本の、大人のゲームファンを、ホラーという文化を信じてください。悲しいです。

また、10万歩譲って見せられない表現があるとしても、カメラアングルなど演出でどうにかできる部分もあったはずです。
画面真っ暗にして終わりで「ローカライズ」とは笑止千万です。
もう少し真面目に作品に向き合ってください。

【追記】
一度エンドロールまで遊びました。
物語的なことは何も触れませんが、エンドロールで死亡したキャラクターには死亡時刻が表示されます。
ホラー作品の登場キャラクターにとって、死亡シーンは大事な大事な見せ場です。
印象的な死に方をしたキャラはそれだけで永遠に語り草です。
エイリアンの胸つき破られた役者さんとか、万が一他によい作品に出会えなくても、それだけで映画史に残れます。

しかし、このゲームの登場キャラは、死亡時刻をパシーンと表示されても、”日本版だけは”その一世一代の見せ場を取り上げられてしまっています。
ホラー作品の登場キャラに対しての最大限の侮辱でしょう。
なんと悲しい・・・

な・・なるほど。

グロ規制されてることに、ユーザーは激おこ状態なんですね。

いつまでこんな販売方法を続けるつもりなのか、教えて欲しいです。

日本ではゲームで少しでも残酷な表現が入れば規制する、その姿勢はもう分かりました。

倫理もクソも無い映画は公開するけど、ゲームでは異常に規制するのも分かりました。

ただ、せめて事前に教えてほしいんです。

「日本語版の残酷シーンでは数秒~数十秒暗転し、映像はお見せ出来ません。音声だけです」と。

無理ですよね。売れなくなるもの。

ゲームの内容がつまらなかったら無駄金使うことになるなぁ、といった不安より

課金や規制でどの程度作品が壊れているか不安で、発売日当時に買おうとは思えません。

確かに、事前に規制内容を発表しないのは・・・

いつものことwww

広告




日本のゲームはもうユーザー数が桁違いに少ないからね。海外と比較して。桁違いに少ないのに、わざわざ日本独自の文化である

自主規制

に合わせてゲームを作ってくれる開発メーカーなんてないよね。無理だよね。

だからこんなことになるんだよね。

暗転規制本当に酷いです。消費者をナメてます。
発売前にこの規制を告知しているならまだしも、
クレームが出ることをわかっていて売るとは
消費者を騙す詐欺行為に他なりません。

このような規制が入っていると知っていたら私は買わなかったでしょう。
ソニーは返品に応じないようなので、皆で消費者センターに相談しましょう。
問題を大きくしないと今後もこのようなことが続きます。

消費者センター
消費者ホットライン 118(局番なし)

みんなで頑張りましょう。

ん・・うーん。意味あるのかね?なにわともあれ、コードZ指定ソフトで、グロ表現がスキな方は発売日にはかってはいけないですね。(´・ω・`)

ゲーム内容のレビュー記事

インタラクティブホラー『Until Dawn』が見せる“極上のB級ドラマ体験”と“ビデオゲーム史上最悪の規制例” | AUTOMATON
2015年8月末、国内外にてホラーゲーム『Until Dawn』がPS4向けにリリースされた。開発はイギリスのスタジオSupermassive Gamesが 担当。当初はPS Moveと連携するPS3向けインタラクティブホラーゲームとして発表されていたタイトルだが、のちにプラットフォームをPS4…

コメント歓迎やで!(匿名可)

*

Return Top