三十路!

1_2_1

Comet Cache Pro に名前が変わったので、おいさんの今の設定を書き出してみる。(DigiPressのテーマ『MAGJAM』正常に作動)

Comet Cache Pro に名前が変わったので、おいさんの今の設定を書き出してみる。(DigiPressのテーマ『MAGJAM』正常に作動)

Comet Cache Pro

Comet Cache
Developer: various
Price: Free
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot
  • Comet Cache Screenshot

名前変えすぎですね。ちょいどいい機会だからおいさんの設定を書き出してみるよっと。おいさんのテーマは、テーマの関数で PC とモバイル別のテーマ書き出してるので Pro 使っています。つかわなかったら、PCサイトがモバイルに表示されてちと不愉快になるので。

テーマ事態はレスポンスに対応してるので、問題ないのですが。広告の設定がね? ほら、違うんですよ。はみ出した広告を乗っけてると、Google さんからおしかりのメールきますし。おすし。

バージョン 160917 時点での設定です。

広告

Basic Configuration (Required)

snapcrab_2016-10-8_5-53-49_no-00

キャッシュを有効にするときは、enable を選択するだけ。

Manual Cache Clearing

snapcrab_2016-10-8_5-55-19_no-00

標準のままでいいかと。何もさわることはない。

Automatic Cache Clearing

snapcrab_2016-10-8_5-57-22_no-00

ここも、標準。何も触らない。

Cache Directory

snapcrab_2016-10-8_5-58-34_no-00

触らない。

Cache Expiration Time

snapcrab_2016-10-8_6-0-50_no-00

キャッシュの保存期間を設定するところ。7日で何も不都合は起きてない。ただ、CSS 編集とかよくする人は、間隔下げたほうがいいかも?

Client-side Cache

snapcrab_2016-10-8_6-3-28_no-00

ブラウザーキャッシュの設定ができるところ。確か、記憶が正しかったら標準は、OFF だったはず。ブログはブラウザキャッシュ入れても何も問題ないけども、注意書きに書いてるように、ログインユーザーが買い物するようなサイトを WordPress で制作しているところは、OFF。

Logged-In Users

snapcrab_2016-10-8_6-8-4_no-00

WordPress にログインしてるユーザーのキャッシュを設定をするところ。大抵のブログサイトは管理人1名だけだろうし。数名いたとしてもキャッシュしなくていいと思うで。キャッシュが有効になってるページを確認したかったら、別ブラザーで確認すればいいだけだから。

ただし、たくさんのユーザーがログインしてるメンバー制度のブログなら話は別。YES 選択してたほうがいいよ。

GET Requests

snapcrab_2016-10-8_6-13-9_no-00

特殊なURLを使用してる人のみ YES。一般ユーザーは、NO。

404 Requests

snapcrab_2016-10-8_6-15-10_no-00

404ページのキャッシュ設定をするところ。標準で NO。404ページにアクセスがたくさんある人のみ Yes 推奨。(キャッシュファイル数が膨大になる恐れあり。)

RSS, RED, and Atom Feeds

snapcrab_2016-10-8_6-21-2_no-00

RSS のキャッシュの設定をするところ。更新が完全に止まってるサイト以外は黙って NO。

広告




User-Agent Exlusion Patterns

snapcrab_2016-10-8_6-23-58_no-00

キャッシュしたくないユーザーエージェントがあれば記入。(iPhoneだけ、キャシュなしとかできる。)

Auto-Cache Engine

snapcrab_2016-10-8_6-26-19_no-00

自動的に、キャッシュファイルを作るかどうか設定できる。NOだと、99%のユーザーがキャッシュありのページをみることができるけど、1%のユーザーはキャッシュなしの重いページをみることになる。(初回アクセスでキャッシュが作られるから。)Yes にすると、この問題が解決されるが Wp-Cron で自動的にキャッシュをしていくで、ロードアベレージが上昇する恐れあり。

標準の No で問題無いと思うが、サーバースペックに余裕がある人は Yes にしても特段問題ないかと。

HTML Compression

snapcrab_2016-10-8_6-32-38_no-00

HTML / CSS / JS のコードを最適化するかどうかを設定するところ。おいさんは、最初 Yes にしてたんだけど、最近新規記事投稿するときに、投稿失敗? ⇒ CSSがばぐったまま。⇒ WPX(レンタルサーバー)のキャッシュにキャッシュされる。 ⇒ キャッシュの有効期限(15分)切れるまで表示が崩れるが起きたので、OFF にしてる。多少癖があるっぽいので、YESにするときは、アクセス数が少ない時間がいいよ。もしくは検証用のサーバーでやるとこ。本番環境でいきなり適応しないほうが吉。

Static CDN Filters

snapcrab_2016-10-8_6-39-5_no-00

CODを利用してる人のみ、ON。ちなみに、クラウドフレアは対応してないので、OFF。

Apache Optimization

snapcrab_2016-10-8_6-40-56_no-00

GZIPを有効にするかどうかの設定と、ブラウザキャッシュの設定、あとは重複コンテンツを防ぐかどうかの設定ができる。基本的にすべて、YES でいいと思う。エラーがでた場合のみOFF。(GZIP対応してないレンタルサーバーはあるので。)

Dynamic Version Salt

snapcrab_2016-10-8_6-44-57_no-00

おいさんは、ここの機能を使いたかったから、有料版を購入した。簡単に説明すると、PCとスマートフォン、タブレット。別々にキャッシュを作成することができるようになるおいさんが使ってるテーマ(PC と スマートフォン でテーマが違う)場合は記入必須。レスポンシブでどちらも同じやで? っていう人はなにも記入しない。(キャッシュファイルが増えるだけ。)

((preg_match("{AdsBot-Google|Android.*Mobile|BlackBerry 9350|BlackBerry 9360|BlackBerry 9370|BlackBerry 9380|BlackBerry 9780|BlackBerry 9790|BlackBerry 9800|BlackBerry 9810|BlackBerry 9850|BlackBerry 9860|BlackBerry 9900|BlackBerry 9930|BlackBerry9500|BlackBerry9520|BlackBerry9530|BlackBerry9550|CUPCAKE|Googlebot-Mobile|bada|dream|froyo|iPhone|iPod|incognito|s8000|webOS|webmate}", $_SERVER["HTTP_USER_AGENT"])) ? "smartphone" : ((preg_match("{DoCoMo/|J-PHONE/|J-EMULATOR/|Vodafone/|MOT(EMULATOR)?-|SoftBank/|[VS]emulator/|KDDI-|UP\.Browser/|emobile/|Huawei/|IAC/|Nokia|mixi-mobile-converter/|DDIPOCKET;|WILLCOM;|Opera Mini|Opera Mobi|PalmOS|Windows CE;|PDA; SL-|PlayStation Portable;|SONY/COM|Nitro|Nintendo}", $_SERVER["HTTP_USER_AGENT"])) ? "featurephone" : ""))

これコピペして貼り付けるだけな! 以下省略。

SnapCrab_NoName_2015-10-9_1-55-8_No-00ZenCache Pro(Quick cache Pro)導入前のWaiting (TTFB)と導入後のWaiting (TTFB)を比較。
本題に入る前に、GoogleがAccelerated Mobile Pages(AMP)Projectを発表したね。グーグル、ウェブページの高速表示をねらう新たな取り組みを発表 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)グーグル、ウェブページの高速表示をねらう新たな取り組みを発表 …

まとめ

キャッシュプラグインを使用する場合は、本番環境にいきなり適用するじゃなく。テスト環境で動作確認してから適用しましょう。不具合が起きる可能性は非常に多いです。テスト環境? ないない。って言う人はアクセス数が少ない時間にやれば、比較的軽症すむかもね!

コメント歓迎やで!(匿名可)

*

Return Top