三十路!

おいさんが調べたことメモってるブログ。

1_2_1

記事中の広告を PC とスマホでコードを分けてる際に、AMP ページでコードを表示させない方法。

記事中の広告を PC とスマホでコードを分けてる際に、AMP ページでコードを表示させない方法。

おいさんは、PC とスマホで広告コード分けてるんだけどね。最近 AMP を導入したでしょ?

モバイルファーストインデックス対策に AMP を導入してみたから、オススメプラグイン(WordPress)を紹介するよ。

以前一度導入してたんだけど、仕様コロコロ変更するし or AMP エラー吐きまくりだったので導入を諦めてたんだけどね。そろそろ、Googleがモバイルファーストインデックスを導入しそうなので、それ対策に色々調べて入れ直してみたよっと。モバイルファーストインデッ…

AMP ページはスマホと判断されてスマホのコードが発行されてたんだよね。あんまりよろしくないから修正。ちなみに、AMP ページの広告は AMP ページ専用のプラグインで導入してるっぽ。AMP ページでは何も広告コードを発行しない設定にする。

事前準備

function.php に記載するので、直接編集するより別途プラグイン導入してそっから編集した方がいいと思うよ。(アップデートで消えないので。)

Snippets
Snippets
Developer: Business Xpand
Price: Free

コード

function showads($contentData)
{
$content = do_shortcode( $contentData);
 if (is_mobile_dp()) {
 $content = 
<<<EOF
スマホ用の AdSense コード
EOF;
 } else {
 $content = 
<<< EOF
PC 用の AdSense コード
EOF;
 } 
if(function_exists('is_amp_endpoint') && is_amp_endpoint()) {
 $content = 
<<< EOF
<br>
EOF;
 }
 return $content;
}
add_shortcode('showads', 'showads');

こんな感じ。記事中に埋め込むショートコードは【showads】ね。【】は [] に変えて使ってね。PC or スマホを判定する関数は、テーマの関数(is_mobile_dp())を流用してるよっと。だから Digipress 社製のテーマしかこのコードは動かないよ。別途どっかからもってきてね。

AMP判断

WordPressでAMPページと通常ページを条件分岐する関数「is_amp_endpoint()」の使い方

WordPressでAMPページと通常ページを判別する方法を紹介します。GoogleがAMPを強力に推奨してお…

AMP ページを判断する関数は、ここを参考にしました。

まとめ

くっそ適当に作ってるのでもしかしたらアレかもしれない。

コメント歓迎やで! (匿名可)
私はロボットありませんの左側にあるチェックマークを入れてから SEND 押してな!(スパム対策)

*

Return Top