三十路!

おいさんが調べたことメモってるブログ。

1_2_1

【FF14】FFの過去作をやってなくて『次元の狭間オメガ』ぽかーんってなったので自分なりに調べてみた。

【FF14】FFの過去作をやってなくて『次元の狭間オメガ』ぽかーんってなったので自分なりに調べてみた。

次元の狭間オメガ ネットを見てる感じ評判は良い感じですよね。でもね。おいさん FF5 やってないから最初から最後までポカーン状態だったんですよね。で終わった後の感想は、うん。よくわからなかったけど終わったな。って感じ。それが悔しかったのでネットから情報を漁ってきた。

そもそも、次元の狭間ってなんじゃらほいっていう疑問ね。

紅蓮のネタバレも含むからよろしく!

前書き

オメガ と 神竜(FF5)

オメガを起動する最初のシーン。

オメガとは? 神竜とは? なにそれ? 口ポカーン。になったので調べた。

FF5のストーリー考察と世界観

この記事ではFF5における世界観やストーリー考察、エンディングについてまとめています。ファイナルファンタジーシリーズではかなりファンタジー要素が強めの本作ですが、元祖SFC版ではストーリーの詳細までは明らかにされず、その後にリマスター版とし

分かりやすかったのはここ。

FF5攻略のやり込み代表として挙げられるのが神竜とオメガの2体です。

神竜は何故か宝箱で潜んでおり、オメガは次元のはざまをノシノシ歩いています。

この2匹、実はお互いに敵対関係にあり元々は1000年前に宇宙から降りてきたオメガ、そしてそれを追いかけてきたのが神竜です。

オメガや神竜については発生原因が全く語られていませんが、その強大な力は古代図書館にキチンと記録が残されています。1000年前の勇者達でも全く歯が立たなかった存在が神竜とオメガの2体なのです。

しかし、追いかけてきた筈の神竜はちょっとかわいそうな扱いです。

ほうほう。なるほどなるほどそんな設定ね。ちなみに FF5 に登場した当時のオメガと神竜はこんな感じ。

FF5

FF14

比較

すっげーリアルになっててびびる。

本当、とてもリアルだね。

だね。めっちゃ力いれて作りました感が滲み出てきてるよね。ムービーとかね。とまぁ、FF14 の世界にやってきた。オメガと神竜。この2つモンスター(蛮神?)は、当然紅蓮で描かれることになる。

ちなみに2人は相打ちして落下してしばらく行方不明になるんだよね。

神竜はロスト。

オメガは・・・・時間凍結システムで安全になったはず・・・(ry

紅蓮編(神竜)

相打ちでロストになった神竜は・・・

ゼノスにちゃっかり捕獲され・・・

憑依され・・・


光戦士によって討伐されるというあっけない終わり方をする。(個人の感想です。)

オメガ

久しぶりに目覚めたと思ったら、せっかくのライバルだった神竜を倒されたオメガちゃんは次のターゲットに光の戦士達を選ぶ。

オメガ編

前書きが長かったけど、こっからオメガ編ね。



オメガの消息

なんと、みどちゃんとも因縁があるという事実が発覚したオメガちゃん。ん~14ちゃんの世界がどんどこ広がってる感じがしますね。

そして、唐突に現れた光の先輩の案内役、アルファ。超かわぇええ。

解説はよ

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

かわいいのは置いといてだね。興味深い記事を見つけた。

更新のお知らせ(7/7)&私はアルファであり、オメガである – FF14 Online Wiki

更新のお知らせ(7/7)私はアルファであり、オメガである 更新のお知らせ(7/7) 更新のお知らせ(7/7) | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone 下記日時におきまして、ファイナルファンタジーXIVのバージョンアップを実施いたしました。              記 日 …

ほほう。

あまりにネタバレすぎる感がすごいで隠す。興味のある人はクリックしてどうぞ。

ネタバレかもね!

まぁきっとね。変えてくるはず! だよね! ね!

アルファの元ネタはこれかな? なんやかんや有りながら巻き込まれていく光の戦士たち。(いつも通りです。)

時空の狭間

アルファ案内で、時空の狭間に突入する光の先輩達。

音楽もばっちり再現されてますね。

FF5 での時空の狭間の解説はこれ。

虚像の正体

最初のボス

アルテ・ロイテ 最初から第二形態で登場。

FF5(元ネタ)

最初は老人。

後半で変身

比較

りあるやでぇえ! さくっと倒す。さくっとね



牢獄より睨みて

2層のボスはカタストロフィ。

き・・・きもい。

FF5

比較

うーむ。零式はじまったらあの目が目があああああ。っていう人いっぱいでそうな予感! さくっとは・・いかなかったな。苦労して倒す。

鳴き叫べ!

三層目のボスは、ハリカルナッソス

ネロさんに解説されるシドさんかわゆす。

ちなこんな感じ。

FF5

比較

再現どほんとすご。

次元城の女王。
女性の姿でバッツに迫り、油断させようとしてきた。
戦闘では全員をカエルにする『クルルルル!』を使ってから『ホーリー』等の強力な攻撃で攻めてくる。
『クルルルル!』は『サイレス』で一応魔法と共に封じることが出来るので是非使っておきたい。だがそれでも強いので、かなりの実力者。

クルルルル! ばっちり使ってきましたねw

もとの形へ

4層のボスは、エクスデス

FF5

開幕にちゃんと死の宣告使ってるね!

比較

FF5のラスボスである。
その正体は、ムーアの大森林の樹に邪悪な意志が宿って生まれた暗黒魔道士。
植物由来の生命力や再生力を持つためほぼ不死身であり、その強大な力は戦闘以外でも驚異的なもの。
通常戦う時は常に真の力を隠しており、
互角に戦っていたと思われた賢者ギードさえも再戦時には簡単に吹き飛ばしていた。
主人公達と何度か対面し、初めは甲冑を纏った人型の様相であるが、
ラストフロアでの対面時は樹の本性を強調した姿となっている。
「ファファファ」という変な笑い声は有名。
なお、エクスデスの名の由来は、「死を超越するもの(ex-death)」の意味とのことである。

ほほう。ラスボスだったんだ。ということは零式で追加される5層のボスは

ネオエクデス? かねぇ?

被検世界デルタ


全世界の人々を人質にとられてやべぇえってなったところで終わり。

まとめ

改めてじっくりすると、再現度すげぇえって言う人の気持がよくわかった。けども、FF5 をやっていない人にとっては『ポカーン』になる部分も合った気がする。

【電撃の旅団冒険録】『FF14』のダンジョンから見る世界観。第5弾は “禁書回収 グブラ幻想図書館”

『蒼天のイシュガルド』のダンジョンを通じて隠された世界観を垣間見る企画第5弾。今回は学術都市シャーレアンの古代図書館“グブラ幻想図書館”の謎に迫ります。

グブラ幻想図書館とかいうステキな場所せっかくあるのだから、過去のことをさくっと調べれるようになればもっとね。もっと楽しめると思うんだよね。

これとか! ゲーム内でも読めたらステキ! だよね。無理か。無理だよね。(´・ω・`)

コメント歓迎やで! (匿名可)
私はロボットありませんの左側にあるチェックマークを入れてから SEND 押してな!(スパム対策)

*

Return Top